Library Of Medicine

ようやく日本でも歯列矯正が簡単にできるようになりました!

欧米に比べ、はるかに遅れている歯列矯正の認識!

残念ながら、欧米の人たちの間では、日本人といえば歯並びが悪いというイメージが定着しているようです。昔のハリウッド映画に登場する日本人といえば、黒縁メガネに出っ歯、肩にはカメラというのがステレオタイプとして存在しました。さすがに今は、いろんな日本人俳優の活躍や豊富な情報のおかげでそういった偏ったイメージは弱まっているでしょうが、歯並びの悪さだけは如何ともしがたいようです。一体、この原因はどこにあるのでしょうか?また、なぜ欧米に人たちに歯並びの悪い人は少ないのでしょう。

子供のころに歯列矯正するのが常識!

最大の理由として考えられるのは、日本人は子供のころ歯並びの悪さをさほど気にしていないということが考えられます。でも成人した後、食事の際や、笑った際に歯並びの悪さを気にすることはあるようです。つまり大人になって、歯並びの悪さを気にする人は多いのに、日本人全体の歯並びの悪さのせいか、あえて矯正しようとは思わないといえるでしょう。その一方で、欧米では歯並びの悪い子供の歯列矯正は親の義務だというコンセンサスがあるようです。単に見栄えが良いだけでなく、食事の際の噛み合わせを考えると健康にも大きな影響を及ぼす可能性があるからです。子供の頃に歯列矯正しておけば、大人になって変なコンプレックスを持つこともありません。日本でも、早くこういった社会意識が普及することが望まれています。

審美歯科という分野が認知され始めています!

昔の日本の歯科医院には審美という言葉も概念も存在しませんでした。この分野の先進国であるアメリカから、ようやくこの専門分野が日本に入り始めまだそれほど時間は経っていませんが、ようやく一般社会にも浸透してきたようです。見た目の美しさを追求すると同時に、健康的な噛み合わせを得ることで正しい食事の摂り方が可能になります。子供のうちに歯列矯正を行うことで、この先の長い人生の負担を少なくすることが重要だといえるでしょう。小児歯科を専門にする歯科医院で虫歯治療や、予防治療などに合わせて歯列矯正を相談し始めることが勧められます。歯並びの悪いまま成長させると長い人生をそのまま過ごさせることにつながりかねません。子供のうちに矯正しておけば、大人になって、きっとよかったと思うことがたくさんあるはずです。子供の歯列矯正がもっともっと一般的になることが望まれます。

出っ歯で悩んでいる人は、矯正歯科などで出っ歯の矯正をしてもらうことによって出っ歯を治すことができます。

Comments are closed.